出張!

ご無沙汰しております。
タイトルを見るといったい何のことやらと思われるでしょう。
何を隠そう、自分自身がそう思っています。

ことの始まりは、3月13日の正午頃にかかってきた1本の電話から始まりました。